Monument Valley2~子供にもおすすめ~

未分類

今回はMonument Valley2について書いていこうと思います。

視覚トリックを駆使して幻想的かつ不思議な感覚を与えてくれるパズルゲームです。パズルゲームでありながら物語性もあり巧妙な仕掛けは「モニュメントバレー」へとプレイヤーを誘ってくれる良作です。

唯一無二のトリックアート

『Monument Valley 2』は建造物を移動させて主人公をゴールまで到達させるパズルゲームです。

このゲームが面白いところは、人の目の錯覚を利用して違う角度から俯瞰して見ると何かつながっているようだといった道が実際ちゃんと通ることが出来るところ。このトリックが病みつきになる。

シーンとした空間にプレイヤーの足音だけが響く。本当に幻想的なこの空間がたまらなく心地よい。まるで錯視画家「エッシャー」の絵画の中を歩いているように感じる。

スワイプで階段や道を移動させてゴールへのラインを引いていく。このラインが途切れなければキャラクターをタップさせた所へ移動させることが出来る。

継承の物語

「モニュメントバレー」という幻想世界の神秘を守護する人達の継承という名の歴史の物語がステージの合間に紡がれる。

本作は2作目だが、前回の物語のストーリーとは違う内容になっているので前作を知らなくても問題なくプレイすることができる。

ストーリーは、娘と母の絆の物語になっている。主人公である「ロー」が娘に谷の神秘を伝えて、それを継承させようとする素敵なストーリーになっている。

前作越えの巧妙な仕掛け

本作は前作を凌ぐ、圧倒的かつ計算しつくされた巧妙な仕掛けのオンパレード。

一回ハマると抜け出せなくなる事うけあいだ。ぜひ堪能してみてほしい。

この空間では物理の法則は関係ない。扉のなかに入ると中の小さな空間に移動してしまう。

これは前作になかった巧妙な仕掛け。植物が窓からの光をあびて成長する。成長は光が当たる具合で変化するので計算しながら利用していこう。

力をあわせてクリアする

今作のパート2とパート1の大きく違う点として、ステージの仕掛けを母と娘が力をあわせてゴールへむかうといったステージが多い事がある。

母娘の両方を同時に移動させる、時には交互にすると先にいけるといったパターンが色々あるのでポイントとしては、どちらから先に動かしたほうが良いのか考えることだ。このシュミレーションこそスムーズにゴールへとむかう鍵になってくる。

両者を赤丸のボタンの所へ移動させることがこの仕掛け攻略のポイント。

とくにゲーム序盤では母か娘の片方しか操作することができない。もう片方は真似て動くので、しっかり考えながら移動させよう!

母と同じ方向へ動く娘。ひとり立ちが出来ていない場合はこうなるので、上手に動き娘をしっかり導いてあげよう。

全てが相まって幻想的な世界観を演出する

母と娘の親子の絆をテーマにしたこの物語は、壮大かつ静かなBGMに始まり、美しい絵画のような色合いのステージ、そして演出全てに引き込まれる。

もちろん考えに考え抜かれた視覚トリックや壮大な仕掛けといったゲーム性も一級品だと思う。

このゲームのおかげでずいぶん睡眠時間がなくなってしまった(笑)

キャラクターの言葉ではなく親子の絆が描かれている場面。建物が崩壊していく中で、離れ離れになりそうになり母が懸命に娘を追いかけて抱き寄せるシーンだ。こういう小さい演出が心憎いばかりだ。

この章は圧巻。娘が母から離れて独り立ちをする場面なのだが、仕掛けなどなく、ただ別れていく場面だけが表現されている。このツボを押さえた世界感に浸ってみてほしい。

ステージ終了後には空にアレが

ステージ終了後には、毎回空に幾何学模様の紋章を表現する。

なんともいえないうれしさになる。

このゲームにはわかりやすく物語を説明してくれるような事はあまりない。自分でも書きながら「谷をまもろうとする」のかあまりわからない。「たぶんこうなんだろうな」とか「もしかしてこうなんじゃないか」など色々やってみれば、あなたなりの答えが見つかるはず。まさにブルースリーの名言「考えるな。感じろ。」である。

まとめ

絵のような色彩、壮大な音楽、母と娘の絆のストーリーと演出、全てがとても素晴らしかった。 母と娘の2人で力を合わせてクリアを目指すという設定は物語を強調していて感動してしまいました。

1からはぐっとストーリーの演出が情緒的でまるでアカデミーノミネート映画のよう。

口コミでも否定的な意見はあまりないところをみても、みんなこのゲームが好きなんだなと感じます。

きっと値段以上の価値はあるはず。迷うことなくオススメできる作品にしあがっていると思います。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.