橋爪功な失言とは?nhkで不適切発言内容は?若い頃に理由がある?

未分類

今回は、日本の名男優の橋爪功さんが失言した内容などを中心に話題をまとめていきたいと思います。

失言

ではさっそく、橋爪功さんの失言についてまとめていきたいと思います。

どのような場面での発言だったのでしょうか?

メディアと表現メディアと表現俳優の橋爪功(76)が12月20日、NHKの昼番組「ごごナマ」で

しゃべった言葉が「不適切な発言」として、放送中に局アナが謝罪する一幕があった。

この一件はサンスポ、スポーツ報知、日刊スポーツなどのスポーツ紙が報じたが、

肝心の発言内容については触れていない。

それは、マスコミではタブーとされている表現だったからだ。

 

役者での演技を見ていると穏やかな好々爺な感じが漂う、橋爪さんですが

マスコミでタブーとされている発言をしかもnhkで発言してしまったようですね

では、発言の内容はどのようなものだったのでしょうか?

nhkでの不適切な発言内容

以下のような発言だったようです↓↓

若手俳優に言いたいことは?」と問われた橋爪は…

この日の「ごごナマ」は「演技派俳優の本音に迫る」として、司会の船越英一郎らが

俳優デビュー56年の橋爪に、芸能生活の裏話を尋ねるものだった。

『船越のクエスチョン5』という質問コーナーで問題の発言は飛び出した。

「若手俳優に言いたいことがある?」という質問に「NO」と即答した橋爪は、

以下のように答えた。

「うん。言ってもしょうがねえしなぁ。ってすごく否定的だね。

(愛は)ない。言いたいことってない。言いますよ、

『馬〇だ』、『〇ョンだ』か、『ひでえ』とか。

そういうことは言います。理屈立ててというか、丁寧になんかは言いません」

隣で話を聞いていた阿部渉アナは、やや強ばった表情を見せていた。そしてコーナー終了後、

「先ほどは不適切な発言がございました。大変失礼いたしました」と謝罪した。

これを聞いた橋爪は「えっ、俺? (やっぱり)ね、こういうことがあるんですよ」とつぶやいていた。

別の質問で、生放送が苦手な理由として以下のように答えていたばかりだった。

「失言が多い、俺。舌禍。生放送は取り返しが

つかないんですよ。結構、今まではあったんですよ」

阿部渉アナ)

これはすごいですね〜m(_ _)m

「若手俳優に言いたいことは?」

「ない!むしろ愛なんかない!暴言は吐くけどね。」

橋爪功さんには好感度なんてものは、関係ないのでしょうか?(笑)

このようなぶっきらぼうな発言をしていてもこれだけ役者として

引く手あまたなのは、それだけ役者の力があるからなんでしょうね。

また、なんとも憎めない外見にも関係があるかもしれませんね。

 

失言、不適切発言についての世の評判

橋爪功さんの失言内容について世間からも様々な意見が

ありました。

「あの失言内容は確かにヤバイ」といった声や、逆に

「メディアは騒ぎすぎ」といった意見など様々です

  • テレビが自主規制の範囲で、規制している言葉を発したなら、この記事でそれを書いても問題ないと思うが、、。番組を見ずにこの記事だけを見た人間はモヤモヤだけが残る記事。

 

  • 橋爪「失言が多い。舌禍ね。生放送は取り返しつかないでしょ。結構、今までにあったんですよ、向こうの方で大騒ぎしてる場合が」
        ↑
    明らかに人選間違ってる
    アナウンサーも「早速言っちゃってるよ、この人…」てなもんでしょ

 

  • レビは見てませんが、どうやら『バカでもチ〇〇でも…』と仰ったようですね。
    これが失言になるんだ…。
    言葉狩り…、いや、単にクレームの電話が怖いだけなのでしょう…。
    何でもかんでもクレーム・クレーム、それだけ社会が行き詰まってるのでしょう。
    結局みんな何かを恐れるから、新しい事が出来なくなりそうな世の中になってしまいそうで…。
    日本人が日本人どうしで潰しあって自滅しそうです…。

 

  • 覚せい剤の息子はどうなったんだっけ?

 

  • 何が不適切なのか書かれていなければ、記事として意味がないような。

 

  • 何が不適切なのかさっぱりわからない。

 

  • クレーム、謝罪ばっかだね。
    最近、テレビがつまらない・・・

 

  • どんな言葉を言ったのか気になるな・・

 

  • どーでもいいことになぜ文句を言うのかよくわからない。

 

  • 何を言ったのか知らんけど、放送業界が勝手に放送禁止用語を定めて自粛してるだけなんだろ?

 

  • 逆に謝罪とか不適切だとか言うほうが大袈裟にしてねぇーか?
    こんなもんそのままにしとけば黙ってスルーだろ

 

  • NHKってめんどくさいよなぁ~

 

もちろん最近のテレビでの発言としては過激であったように思いますが

私個人的な感想ですが、言葉刈りにも近い過剰な発言規制傾向にある

テレビ業界は少し違うと感じているので、表現自体には問題ないと

思うのですが・・。こんな事ばかり気にしているテレビが最近が

面白くないと言われるのはしかたがないと思いますね。

 

若い頃

そんな橋爪功さんの若い頃からの活動歴などをまとめてみました。

 

橋爪功さんといえばあまり若い時のイメージがないですよね!
どちらかといえばある程度歳をいっているイメージしかありません。

若い頃はどのような活躍をされていたのでしょうか。

どうやら橋爪功さんが実際にテレビで主役を演じるようになったのは

50歳を過ぎたあたりからのようで、それまであまり

テレビでは大きな活躍はなかったようですね。

それまではずっと新劇のほうで活躍されていたとのことです。

新劇とは「海外の劇作を翻訳して演じる芝居」ですね。

その頃には多くの劇団が結成されたり解散したりと目まぐるしい
時代だったらしく、橋爪功さんもいろいろな劇団で活躍したそうです。

そんな中作家芥川龍之介の長男である「芥川比呂志と一緒に
「演劇集団円」を結成します。

演劇集団円にて自らも新劇役者として活躍しながら
現在でもその代表も務めてまとめているようです。

ずっと舞台で活躍されてテレビで拝見するようになったのは50歳

すぎてからなんですね。芥川龍之介の長男といっしょに劇団立ち上げた

なんて時代を感じますね!!

役者としての力はこの時に養ったものなのでしょう。

演技派と呼ばれるだけのことはあります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?橋爪功夫さんの人となりが

少しでも伝わったのなら嬉しいです!

では、最後まで読んで下さりありがとうございました!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.